ホテルグリーンプラザ富士で御殿場の落ち着いた空間を楽しむ

今年の夏の家族旅行は御殿場に出向きました。
訪問先としては「富士サファリパーク」を目的としていて、その近辺の宿泊先に「ホテルグリーンプラザ富士」を選びました。

いわゆる夏休み期間ということもあり、どこの宿泊施設を探してみても期間的に高い料金となってしまうのですが、ホテルグリーンプラザ富士は食事付きのプランでも家族3人で4万円程度と、この時期にしては破格の料金体系でした。

御殿場のアウトレットモールから近いということもあり、結構にぎわったところにあるのかな?
と思ったのですが、実際に訪れてみると意外にも、すごく森の中にあり、にぎわったところからは少し離れて自然たっぷりの落ち着いた感じを楽しめる空間でした。

今回は夏場ということもあり、富士山は見えなかったのですが、宿泊した部屋からも富士山の絶景が拝めるように窓が配置されています。

そして食事はバイキング形式で好きな料理を好きなだけ食べることができました。オリジナルの料理もあってなかなか良かったです。

目的の富士サファリパークまで距離もないため、夏場には混雑するというパークにも早めに到着することができるので、助かりました。また機会があれば是非訪問してみたいと思います。

◎家族で行く旅行の楽しさ
自分が学生時代などは、家族と一緒に旅行をするなんてことは考えもしませんでした。
特に男にとっては両親と一緒に出かけるということに対してはかなり抵抗感を持っていた覚えがあります。

しかし、結婚をして子供ができると、今度は自分が親の立場となり、逆に家族みんなで出かけることが楽しみになってきました。

ひょっとして自分の両親もそのように感じていたのかもしれないといまさらながらに気が付いたりします。
今では家族と一緒に旅行することは自分にとって楽しみの一つとなっています。

旅行のプランを立てる時にも、自分よりもいかに家族が楽しんでくれるのかを想定して考えています。
子供も小さい頃は、なかなか記憶に残るものではありませんが、写真やビデオといった記録に残すことはできます。

それを後で見返してくれた時に、また新鮮な気持ちになってくれればと思っています。

自分がそうであったように、きっとあと数年もしてしまえば、我が子も親と一緒に行動することに抵抗感を持ってしまうことになるでしょう。

そうならない今のうちにできるだけたくさんの場所に、たくさん行く機会をつくりたいと思っています。
[PR]

by inisietabi | 2011-10-16 02:13 | 旅行

韓国機甲旅団と武力記念日

韓国・北朝鮮間でいまも続く武力による威嚇。
民主・資本主義国家と共産主義国家の相容れぬにらみ合いはいつまで続くのか。
にらみ合いというより「冷戦」とでも言ってしまったほうが的確もしれません。
国際的な休戦の中、いつドンパチ始まってもおかしくない状況です。

そんな中、訓練中の誤爆と称する北朝鮮の韓国領土砲撃が世間を騒がせたのは記憶にまだ新しいです。
朝鮮戦争の時代から国家体制が相違等から争ってきた両国。

今回行動を起こしたのは韓国側のようです。
というより、韓国側の警告、というより威嚇でしょうね。
10月1日は、韓国軍の創建記念日でその一環として砲撃訓練が行われたと言うことです。
これが北朝鮮への警告とセレモニーの両方の意味を持つと言うなら、さぞ自衛が責務である韓国機甲旅団の見せ場になったことでしょう。
警告が、逆に北朝鮮を挑発する結果にならないことを祈るばかりです。

メディアからも国際社会からも注目度の高い両国関係は、この記念日に彼らになにを印象付けたのでしょうか。
私は、日本から最も近い場所で起こる小競り合いに不安がつきません。

◎韓国人が旅行で行きたい国は日本!
韓国の方達が旅行で一番訪れたいと思う国は日本だそうです。
日本に住む身としてとてもうれしいことですよね。

でも、韓国の人って、日本人のことが嫌いな人が多かったというイメージがあったのですが、この結果は両国の信頼関係が強まってきたと考えても良いのですかね。

日本には海外の人達から見たらお寺、綺麗な景色、特有の文化など様々な魅力がありますからね。
京都のお寺や奈良の大仏など日本には、他の国にはない魅力がありますが、海外から来られる方は新鮮なんでしょうね。

更に日本から発信されたアニメや家電商品など、そういうのを求めて日本に来られる方も多いそうですね。
日本の家電はとても発達していて、様々な便利な機能を備えていますし海外からわざわざ購入に来られる方達の気持ちもわかります。

最近では中国人が炊飯ジャーを大量買いしているニュースがありました。
羽田などの空港でも買えるようになっているみたいですよ。

アニメ作品に関しては、多くの国で放映されている作品もありますので、秋葉原なんかも海外のオタクの方に人気があるみたいですよ。

春には綺麗な桜、秋には綺麗な紅葉など、四季があるのも日本の魅力だと思います。
日本が海外からとても魅力的に見られているのはとてもうれしいですね、韓国の方達も日本に来たら楽しんで帰っていただければと思います。

◎韓国へのサイバー攻撃に日本のサーバーが使われていた!
今年3月に韓国へのサイバー攻撃があったのですが、その攻撃をしていたサーバーの中に日本のものもあったそうです。
更にその中の1つは家庭で使われていたパソコンということで「もし自分のPCだったら・・」と考えるたら怖いですね・・。
他にも中小企業で使われているサーバーが使われていたそうです。

それでも私達が普段使っている家庭用のパソコンが、このようなことに使われることがあるという事実は本当に怖いですね。
普段からウイルス対策などを徹底しておかないとこういうことになるんですね・・。
私はフリーのウイルスセキュリティを入れていますが、何も入れていない方は何かフリーのものでもいいので導入されることをお勧めします。

何もせず気づかぬうちにウイルスが入っていたりしたら、あなたのパソコンもこのような悪事に利用される可能性だってありますしね。
ウイルスの中には知らない人が自分のパソコンを操作できる!なんてものもありますから本当に怖いです。

気づかないうちに自分のパソコンにファイルが増えていたり、動作が遅くなった?みたいに気づいたら疑いましょう!

まずはウイルススキャンをしてみて、問題を探してみましょうね。
自分のパソコンを悪事なんかに使わせないためにもセキュリティはしっかりして、何か問題があれば詳しい方、メーカーさんなどに相談して早期解決をしたいですね。

しかし、セキュリティの欠点はすぐに重くなることですね。
長らく、この分野は進歩が止まっているような気がします。

大手のソフトメーカーさんはビジネスチャンスさと思うんですけどね。
評判が良いのはカスペルスキーとかですね。
[PR]

by inisietabi | 2011-10-09 02:37 | 旅行

超電子辞書「wordtank」deレッツ海外旅行!

キャノンMJから海外旅行に特化した電子辞書「wordtank」シリーズのA501なるものが発売されるらしいです。
近年の電子辞書は便利な機能がたくさん搭載されていますが、このA501なるものは、海外での旅行の際に便利な機能が多く積み込まれているようです。
まずは、「旅の指差し会話帳」という機能。
恐らくは読んで字の如しって感じの機能なんでしょうが、海外でレストランや道を尋ねる時に重宝しそうですね。
サポートされている言語も中国からヨーロッパ、アメリカなど、旅行の定番といえる国は大方拾ってくれるようです。
会話帳を行く先々で変えたり見直しなくていいから便利ですね。

指差し機能もですが、この辞書で一番気になったのが、英語をソフト内で合成して音声として出力できるという「PureTalk」なる独自の機能。
名前からして、いかにもって感じですが・・・。
英語をよりリアルに現地のイントネーションを再現できているとか。
はてさて、その実力やいかにって感じですね。
こればっかりは実際に聴いて見ないと分らないでしょうし。

一昔前までは、勉強のお供に使っていた電子辞書が、旅行のお供になる日がやって来るのですね。
電子辞書一つで海外旅行ができるなら、今まで現地での会話が難しいからと、海外旅行を諦めることもなくなり、旅行先の選択肢がもっと広がっていきそう。
ほんと、便利な世の中になったものです。

しかもこれなら英語圏ではない国にもいけちゃいそう!

■いつか行きたい!台湾へ
先の東日本大震災の時では、台湾からもたくさんの義援金をいただきました。
いつかは行ってみたいと思っていた台湾。

おいしいものをたくさん食べて、お土産もたくさん買って、そうしてわずかながらでも恩返しができたらいいなと思っています。
台湾で行きたい場所が2箇所あります。

まずは、映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった九扮(ジュウフェン)という街。
台湾北部にあるこの街は、日本統治時代のおもかげが残る、提灯が印象的なレトロな街並みが広がっています。

食事をするところもありますが、ここでは台湾風のスナック類を楽しむ人が多いようです。
映画にも出てきた肉モチや、巻貝を焼いたもの、芋餅のおしるこ、他にもたくさんの「小吃(シャオチー)」があります。

写真を見ると、どれもこれも食べてみたいものばかりです。
そしてもうひとつは士林(シーリン)。
そう、言わずと知れた夜市で人気の街です。

駅を降りてすぐにある美食市場には、どれを食べていいかわからなくなってしまうくらい、たくさんのお店がひしめき合っています。
そして、ここで楽しめるのは食だけではありません。

他の夜市とは一線を画す「シティジャングル」と呼ばれるテーマパークまであります。
その他にもショッピングも楽しめます。

きっと一度行ったらまた行きたくなる場所なのではないでしょうか。
子どもがもう少し大きくなったら、ぜひ家族で遊びに行きたいと思います。
[PR]

by inisietabi | 2011-10-04 20:06 | 旅行