グルジアワインを飲んでみよう!

グルジアが2006年にアメリカやヨーロッパと仲良くし始めてから、ロシアでは、それを裏切り行為と見て、ワインの輸入を禁止する経済措置に踏み切りました。

ですが、2013年になってプーチン大統領がグルジアワインはやっぱりおいしいとい始めてグルジアワインへの経済制裁をなくし、輸入を解禁する方向で話を進めているそうです。

もちろん、経済制裁を解く理由は、プーチン大統領がグルジア間大好きという理由だけではなく、グルジアとロシアは隣国であるため、経済的にも仲良くしておいた方が両国にとってメリットがあるからです。

私はこのニュースを聞いてグルジアワインというものに興味を持ち始めました。

ワインといえば、フランス、イタリア、スペイン、チリといった生産国の商品を日本では飲むことができます。

スーパーに行けば、安売りで売られているワイントヨタ大体チリとかスペインになります。

少し高いワインを飲もうとしたら、専門店にてフランスとかイタリアのシャトーで作られたワインを選んでもらうと良いと思います。

ちなみに近所のスーパーで探したところ、グルジアのワインはやっぱりありませんでした。

(グルジアワイン)
そこで、インターネットを利用してグルジアワインを探してみることにしました。

とりあえず、楽天とアマゾンをチェックしてみたらどちらにもグルジアワインを置いているショップがありました。

ただ、数はそれほど多くないみたいで、値段もそこまで安いというわけではありません。

味の方はまだ飲んでないのですが、これから注文して飲んで感想を書いていきたいと思います。

個人的には白のほうが好きなのですが、赤と白を両方買ってみて味を飲み比べてみたいと思います。

ただちょっと残念だったのがワインの場合、大体10000円以上購入すると送料が無料になるという仕組みが一般的のようです。

今回私は自分で買うことになるのは白と赤1本ずつですので10000円を超える金額にはなりそうもありません。なので、送料は自分で負担することになりそうです。

送料込みで合計で4000円くらいでしょうか。大会はワインが一本1500円。送料が1000円弱かかるようです。

これからもう一度楽天とアマゾンをチェックしてどのワインを購入するか決めようと思います。
[PR]

by inisietabi | 2013-06-24 23:56 | 日常生活

ベタな旅行がしたくって、広島へ。

いい季節だし、どこか旅行にでも行きたいな…、と主人と相談した結果、広島へ行くことに。
なぜなら、カキを食べたいから!
もちろん、お好み焼きに、もみじまんじゅう、他にも食べたいものはいっぱいです。

やっぱり食に走っちゃうんだなぁ、自分。
7時頃に自宅を出発、新幹線を使ってお昼には広島駅に到着。
まずは腹ごしらえ、ということで、駅前で地元民に愛されているというお好み焼き店へ。うーん、関西風とは違ってまたおいしいんだよね、コレが。
満足満足。

お腹いっぱいになったところで、また電車に乗り込み宮島へ。
シカー!

すごいよね、本当にもしゃもしゃ紙食べちゃうよね。
自転車で来ていた人がいましたが、後方に置いてあった地図を食べられちゃってました。あらら…。
かわいいような、勢いづくと怖いような、シカたちでした。

ここでは、焼きガキ(これが食べたかった!)、もみじまんじゅうなどを堪能。
もみじまんじゅうの種類が多すぎて、どれも食べたくなっちゃって困ります。
そして、何度も台風被害を受けては修復されている厳島神社ですが、やはり素晴らしかったです。

そういえば、厳島神社って、わざと壊れやすくしているらしいですね。
頑丈に作り過ぎると全体が崩れる危険があるため、わざと犠牲にする部分を作ってあるそうで。
このような海に接するところに建てられるものですから、独特の知恵と工夫が息づいているんですね。
のんびりと楽しんだら、宿へ。

今回は素泊まりできるところで経費削減。
その方が好きなものを食べられて楽しめるし。
1泊2日のわりには、思った以上に楽しい旅行になったし、食べたいものをおいしく食べられて満足です♪

◎旅行は計画することが楽しみといえます
旅行に行くことは誰しもが楽しいことだと思います。
しかしながら、実はその旅行を計画しているときが一番楽しかったりするのかもしれませんね。

いろんな旅行パンフレットやインターネットの旅情報など、今の世の中にはたくさんの情報があふれています
その材料をつかって自分なりの楽しみのために時間を作り上げる!

これは相当に楽しいことだといえますよね!実際の旅行時のことを想像するのは本当に楽しいです。
誰にも文句を言わせない、自分だけの時間をプロデュースして、そして一緒に旅行にいってもらう人に喜んでもらえたら最高です!

いつも家族旅行の計画を立てるのは私ですが、自分と家族の楽しめる時間を作ることが大好きです!
妻の視点、子供の視点も大切にして、自分も楽しめることを目指していつもがんばっています。

実際に旅行をしているときの妻と子供の楽しむ顔を見てまた満足感を得ることができるのです!

だから旅行はやめられないですね!
自分の喜びとみんなの笑顔を求めて!
[PR]

by inisietabi | 2012-04-27 15:53 | 日常生活

中国が漫画博物館を建設中だそうです

中国の西湖にて漫画博物館が建設されています。
2013年のオープンを目指して建設されており、この博物館の建築には建築費約94億円がかけられているそうです。
94億円の博物館ですか、なかなかお金をかけていて、すごいですねー。
日本の第三セクターも負けてはいなかったですけどね。

現在はアニメや漫画なども立派な一つの文化として成り立っていると思いますし、このような博物館が多くあってもいいと思うんですよね。
日本では麻生総理時代に秋葉原にそのような施設が作られそうになったような気がしますが、税金でそういった文化の建物を作るのは、国民的に理解が得られにくいような気がしますよね。
日本にとって、輸出できる数少ない文化の一つなのですけどね。

台湾やフランス、アメリカなどでは、ジャパニメーションは非常に人気が高いコンテンツになっちいて、フランスではそのような催し物が毎年開催されていますよね。確か。

皆さんコスプレまでしてくださって、そういった光景を見ると、受け入れられているんだなぁと感じることができて嬉しいですよね。

韓国は国をあげてKPOPとかを輸出していますが、それと同じように考えて日本もジャパニメーションをもっと積極的に輸出したら良いと思いますけどね。

◎京都でタクシーの進入禁止社会実験
京都府に訪れる時には多くの方が利用する京都駅で、10月1日から空車のタクシーを進入禁止にする社会実験が行われています。
この社会実験は京都タクシー常務センターとJR西日本が行っているもので、利用者の利便性や周囲の道路にどう影響するかというのを試しているそうです。

京都駅ではタクシーの列が原因で、付近の道路で渋滞が起こったりすると不満の声が多かったのですが、今回の実験でその渋滞が緩和されるかなどが試されますね。
ですがこの実験1日目で得られた結果は、逆にタクシーが来なくて、待っている人の数が100人を超えてしまうなど、多くの問題も出ているようです。

タクシーがお客待ちで渋滞が出来るのもよくありませんが、逆にタクシーが来なくて利用客が困っては何の意味もない気がしますね・・。
それに京都駅に作られている待機所の意味もないですし、少しやりすぎな感じがあります。

京都駅のタクシー待機所は100台まで停められるので、その台数を越えた時点で進入禁止にすればいいんでしょうが、それでも100台をオーバーしたり周囲の道路で空き待ちをするドライバーなど、多くの問題が出るんでしょうね。

ドライバー側としては、京都駅でお客待ちが一番確実なんでしょうが、この問題はどちらも利点が得られる結果は難しそうですね。

外国からの観光客も多い駅なので、誰が来てもわかりやすい表示と仕組みを考えて欲しいです。
[PR]

by inisietabi | 2012-02-09 10:55 | 日常生活