納得のいかないアニメです

いまだにインターネットの二次小説だけにでも救いを求めてしまうくらいに、納得のいかない最期を迎えたアニメが「コードギアス反逆のルルーシュ」です。

ネットでも、いまだに録画している最終回近辺が観れないという人までいました。
私も1度見ただけでで十分でした。

だって死ぬんです。

いや、それも勝手に裏切り者にされた者を救い、世界のために自分の命をもって平和を創ると、すれ違い続けた上にやっと和解をした親友に刺殺されるという自作自演でです。

なんでそんな展開になるの?の一言でした。

確かに物語上で彼、ルルーシュはたくさんの嘘や罪を犯しました。ですが戦争をしていたのです。当然周りもそうでした。

なにより許せないのは、自分が作った組織の幹部が話も聞かずに、敵の一人からの情報だけで裏切り者とされ、殺されかけたのにも関わらず、彼らを許して最後は幸せそうな彼らが映るのです。

私はこの結末には、相当に腹がたちました。

なんで話を聞かずに殺そうとした奴らまで綺麗に描くのか、それが主人公の願いだからとでもいいたいのでしょうか。

今日も違う最終回を求めてのサイト巡りです。
オリジナルよりも、二次創作の方がクオリティが高ければ、私はそちらの方を受け入れたりと思います。

それがネットの良いところで、純粋に質が高い方が受け入れられるのです。
[PR]

by inisietabi | 2013-06-18 00:06 | メモ・ノート