外貨建て投資信託とは?

海外旅行に便利な外貨建て投資信託について書いています。
投資信託とは、株式や国債に直接投資するのではなく、プロの運用担当者に運用を任せます。
その外貨バージョンが、「外貨建て投資信託」です。

外貨建て投信は、海外の株式や国債で運用するだけでなく、投資する元本、運用で得られる収益も外貨建てとなっている商品です。

投資する対象が、株式なのか、国債なのか、その他かに分類されますし、方針も、ハイリスクハイリターンを狙うのか、リスクを最小限に押さえて、安定した収益を狙うのか様々ですが、その方針は日本の投信とほとんど変わりません。

外貨建て投信のメリット
日本の投信と違って、国内では見当たらない高成長を続ける企業の株式、高い金利の国債、新興国の株式に投資が可能で、資産運用の幅がうんと広がります。

もちろん、大きな収益も期待できます。

外貨建て投信のデメリット
大きな収益も期待できる分、大きな損もあるということです。
また、手数料も気をつけなければなりません。

投信を持っている間は、毎日信託報酬を支払わなければならず、
運用資産から差し引かれます。

それに加え、購入時には、証券会社の販売会社に対して、
販売手数料を支払わなければなりません。

外貨MMFとは?
この、外貨MMFも外貨建て投信の一種です。
「マネー・マーケット・ファンド」の略称がMMFです。

外貨MMFは、投資対象が、安全性の高い海外の国債などで運用され、値動きの激しい株式などは組み入れられません。

安全性が高いので、外貨預金と比較されますが、外貨預金との違いは、取引手数料が、外貨預金よりも安いことや、いつでも購入・解約ができるメリットがあります。
[PR]

by inisietabi | 2011-09-22 23:38 | 旅行