チェジュ島に行ってきたよ

今年の2月の話で随分と前のことになってしまいましたが、韓国のチェジュ島に行ってきました。
人によっては済州島と言う人もいますよね。
ここではチェジュ島で統一していきたいと思います。

チェジュは本当に小さい島で、基本的には産業は観光によって成り立っています。
マクドナルドのレジにいる人は、おそらく3ヶ国語を話せる人でしたし、観光地の人はやっぱり語学力が高い!
これは今度、観光に力を入れなければならない日本人は多いに参考にしないといけない点です。

ガイドさんの話によると、チェジュの人は本島の人達とは、やはり性格も文化も違うとのこと。
韓国は目上の人間に対する敬い方が丁寧で、特に親には逆らえないことが韓国ドラマを見ていると伝わってきますが、チェジュの人は、どちらかというと、親の世代がそういうのは面倒だと考えているらしく、なるべく子供たちに気を使わせないようにするのだそうです。
韓国の本島では親世代と子供世代が一緒に食事をする時は、子供世代の女性がご飯を作るのが当たり前みたいですが、チェジュ島では、そういうのは徹底されておらず、親が自分で作ってしまって、子供には負担をかけさせないようにしているみたいです。

というようなことからもわかるように、韓国人は少しきつい印象がありますが、チェジュの人々は、あまりそういった印象はありませんでした。

そういえば、ソウルの人達は別荘などをチェジュに持つみたいですね。この間、韓国ドラマを見ていた時も、そのような会話が出てきました。
日本で行ったら沖縄のような位置づけなのかもしれないです。

料理は全体的に美味しくて、特に黒豚の焼肉の味が忘れられないほどです。
あれは、またどこかで食べてみたいと思います!
[PR]

by inisietabi | 2011-08-24 01:38 | 旅行